都城中めがね店 ブログ イメージ画像

Mr.Gentleman EYEWEAR

1950年代から60年代は眼鏡の製造技術は低く、ブリッジパーツは4点で固定し強度を出していました。新しいメタルのモデルは、この4点どめのブリッジ構造を採用し、クラシックながら特徴のあるデザインを作り上げました。 フレームは強度の高い、高純度のチタン素材を採用して
『クリアでもライトカラーを入れてもクールなMr.Gentleman Eyewear GEORGE』の画像

1950年代から60年代は眼鏡の製造技術は低く、ブリッジパーツは4点で固定し強度を出していました。 新しいメタルのモデルは、この4点どめのブリッジ構造を採用し、クラシックながら特徴のあるデザイン を作り上げました。フレームは強度の高い、高純度のチタン素材を採用し
『Mr.Gentleman Eyewear、男女問わず掛けられるクラシックながらスタイリッシュなデザイン『SEAN』』の画像

ブルーノマーズのように、情熱的なスタイルをイメージしてデザインされたモデル。ブロウタイプをベースにツーブリッジに仕上げたMr.Gentleman渾身のデザイン。上級者的なデザインながらも、掛けこなすほど、その魅力に酔う不思議なメガネである。  Mr.Gentleman Eyewea
『ブロウタイプをベースにツーブリッジに仕上げた、究極の個性的デザインを求める方にオススメフレーム『Mr.Gentleman Eyewear BRUNO』』の画像

Mr.Gentleman Eyewearより『HARRY(ハリー)』。最終表面仕上げにおいて、使用感をわざと施したスラッシュ加工と、リム中央部にキラキラとした七宝加工を施している、Mr.Gentleman Eyewear独自の世界観を表したメガネフレームです。  Mr.Gentleman Eyewear
『個性的だけどシンプルな曲線が美しい Mr.Gentleman Eyewear『HARRY』』の画像

950年代から60年代は眼鏡の製造技術は低く、ブリッジパーツは4点で固定し強度を出していました。新しいメタルのモデルは、この4点どめのブリッジ構造を採用し、クラシックながら特徴のあるデザインを作り上げました。フレームは強度の高い、高純度のチタン素材を採用していま
『Mr.Gentleman Eyewear、オーバーサイズラウンド型メガネ『RIVER』』の画像

Mr.Gentleman Eyewearより『HARRY(ハリー)』。最終表面仕上げにおいて、使用感をわざと施したスラッシュ加工と、リム中央部にキラキラとした七宝加工を施している、Mr.Gentleman Eyewear独自の世界観を表したメガネフレームです。  Mr.Gentleman Eyewear 『HARRY』
『斬新でオシャレ!Mr.Gentleman Eyewear『HARRY』』の画像

クラシックなメガネがスタンダードになりつつある今、よりクラシカルで大人の雰囲気を醸し出すクラウン型のモデル。ブリッジデザインも玉型とのバランスを考え少し癖のあるデザインに仕上げています。チタンノーズパッドとβチタン製テンプルによる軽快な掛け心地も特徴です
『サングラスにしてもかっこいい。Mr.Gentleman Eyewear『AL』』の画像

1950年代から60年代は眼鏡の製造技術は低く、ブリッジパーツは4点で固定し強度を出していました。新しいメタルのモデルは、この4点どめのブリッジ構造を採用し、クラシックながら特徴のあるデザインを作り上げました。 フレームは強度の高い、高純度のチタン素材を採用してい
『クラシックテイストだけど、クール!Mr.Gentleman Eyewear『GEORGE』』の画像

↑このページのトップヘ